KS Xリング

 回転・往復運動用寸法一覧表 

[戻る]

KS−X

リング

部品番号

KS−X

リング幅

 

  半径方向のしめ代

みぞの寸法

角面

R

最大直径

すきま

 

S

       最大

深さ

      最小

運動用

固定用

運動用

E1

固定用

E2

バックアップリングなし

F±0.2

バックアップリング1個付き

F±0.2

バックアップリング1個付き

F±0.2

X001 1.02±0.08 0.3 0.35 0.8+0.025 0.75+0.025 1.2 - - 0.1 0.05
0.115 0.165
X002 1.25±0.08 0.33 0.43 1.0+0.025 0.9+0.025 1.4 - - 0.15 0.05
0.145 0.245
X003 1.52±0.08 0.30 0.4 1.3+0.025 1.2+0.026 1.7 - - 0.25 0.08
0.115 0.215
X0041/2 1.02±0.08 0.30 0.35 0.8+0.025 0.75+0.025 1.2 - - 0.1 0.05
0.14 0.165
X005A 1.50±0.08 0.28 0.38 1.3+0.025 1.2+0.025 1.7 2.6 3.5 0.25 0.08
0.095 0.195
X004- 1.78±0.08 0.31 0.46 1.55+0.025 1.4+0.025 2.0 3.5 5.0 0.25 0.10
X050 0.125 0.275
X102- 2.62±0.08 0.35 0.45 2.35+0.025 2.25+0.025 3.0 4.4 5.8 0.4 0.15
X178 0.165 0.265
X201- 3.53±0.1 0.38 0.53 3.25+0.025 3.1+0.025 4.0 5.4 6.8 0.4 0.15
X284 0.155 0.305
X309- 5.33±0.13 0.51 0.71 4.95+0.05 4.75+0.05 6.0 7.8 9.5 0.6 0.20
X395 0.20 0.40
X425- 7.00±0.15 0.65 0.95 6.50+0.05 6.2+0.05 8.0 10.5 13.0 0.6 0.20
X475 0.30 0.60

 注1:半径方向のしめ代の最大/最小は、KS-Xリングの幅及びみぞの深さの公差を考慮して決められており、半径方向のしめ代を最大にしますと、

        シール性はよくなりますが、摩擦が大きくなります。一方、しめ代を最小にしますと、シール性はわるくなりますが、摩擦がちいさくなります。

 注2:みぞ深さの値は、油圧装置の標準的な使い方に適合するものです。ピストンが偏心している場合あるいはピストンが座屈する場合は、みぞ

        深さを減らすかあるいはしめ代を大きくして下さい。また、真空あるいは低圧で使用する場合も同様にして下さい。

 注3:KS−Sリングの材質に膨潤の恐れがある場合には、みぞ幅を最高約15%増大して下さい。

       

[戻る]